猫用ブラシの種類と正しい使い分けを知ろう

猫用ブラシ
記事内に広告が含まれています

ペットブラシは抜け毛を取ったり毛玉を取り除くなど、猫ちゃんの被毛を整えるのに必要不可欠なアイテムですよね。

ブラッシングには飼い主さんと猫ちゃんのスキンシップはもちろん、他にも得られる効果がたくさんあります。

  • グルーミング(毛づくろい)で猫が飲み込んでしまう毛を減らす
  • 床・空気中に抜け毛が舞うのを防いでハウスダスト、アレルギー予防
  • 毛球症や皮膚トラブルの予防

しかしブラシ選びを間違えると皮膚を傷つけるなど、逆効果になってしまうことがあります。

ねこちゃんのために用途に合わせたブラシ選びをしましょう。

AD

ブラシの種類と使い分け

抜け毛がたくさん取れるブラシから、ツヤを出すブラシまで。その種類はさまざまです。

猫用ブラシを選ぶ際には

  1. 被毛の長さ
  2. ブラシの用途

この2点をポイントに猫ちゃんに合ったブラシを選びましょう。

ラバーブラシ

種類ラバーブラシ
用途抜け毛を取り除く
GOOD肌当たりがやさしい
BAD長毛種に不向き

ゴムやシリコンで作られたブラシです。

肌当たりがやさしいので、毛が引っかかって痛がる猫ちゃんや、ブラッシングを嫌がる猫ちゃんにおすすめ。

撫でられている感覚でブラッシング出来るので嫌がりにくい。

毛を梳く効果はほとんどなく浮いた抜け毛をからめとるので短毛種向きです。

長毛種の猫ちゃんに使用する場合は長毛種用ラバーブラシを選びましょう。

ほとんどの商品がまるごと水洗いできるので衛生的に使えます。

素材がやわらかいのでケガをさせる心配がほとんどなく、初めてブラシを使う方やお子様も安心してお使いいただけます。

⇧目次に戻る

アンダーコートブラシ

種類アンダーコートブラシ
用途アンダーコートをしっかり取り除く
GOOD一度にたくさんの抜け毛を取り除くことができる
BAD使いすぎると必要以上に毛が取れる

抜け毛の約8割はアンダーコートと呼ばれる内側のふわふわした毛といわれています。

その量はオーバーコート(表面のピンとした硬い毛)の5〜20倍なんだとか。

換毛期はアンダーコートが一気に生え変わることで次の季節に適した被毛になるため、アンダーコートだけを取り除くアンダーコート専用ブラシは換毛期に使うのがオススメ。

一度のブラッシングでしっかり毛を取り除けるのでやりすぎに注意。

ブラシは短毛種・長毛種に分かれています。

試しに長毛種に短毛種用のブラシを使ってみましたが全く取れませんでした。(逆もまた然り)

ブラシの買い間違えに注意しましょう。

ファーミネーターの商品ラインナップは以下の4種類です。

  • ファーミネーター 小型猫 短毛種 S
  • ファーミネーター 中・大型猫 短毛種
  • ファーミネーター 小型猫 長毛種 S
  • ファーミネーター 中・大型猫 長毛種

公式によると、4.5kg以下は小型猫、4.5kg以上は中・大型猫だそうです。

我が家には3.3kg〜7.2kgの猫がおり、ファーミネーターを両サイズ揃えています。

使用感としては、3.3kgの猫に中・大型猫のファーミネーターは問題なく使えましたが、7.2kgの猫に小型猫のファーミネーターを使うには小さすぎると感じました。

4.2kgの猫はどちらのサイズも快適に使えましたが、全体を手早くブラッシング出来る中・大型猫のファーミネーターの方が使いやすかったです。

⇧目次に戻る

ピンブラシ

種類ピンブラシ
用途絡んだりもつれた毛をほぐす
GOOD初めてでも使いやすい
BADブラシについた毛を取り除きづらい

ヘアブラシのような見た目で、ピンが太く間隔も広めになっているので初心者にも使いやすい。

ピン先に玉の付いている“玉付きピンブラシ”が肌当たりがやさしいのでおすすめです。

デメリットは使っているうちにピンが抜けたり玉が取れること。

ピンが細長く皮膚に届くので、使用する際にはピン先が古くなっていないか注意しましょう。

ピンブラシは被毛が絡まりやすい長毛種の日常的なブラッシングや小さな毛玉をほぐすのに使います。

大きくなってしまった毛玉はブラシでほぐすのが難しく、無理にほどこうとすると毛を引っ張られて猫ちゃんが痛い思いをしてしまいます。

そうなる前にピンブラシを使って日頃から毛玉が出来ないように努めましょう。

⇧目次に戻る

スリッカーブラシ

種類スリッカーブラシ
用途換毛期の抜け毛取りに
GOOD抜け毛がよく取れる
BAD力加減に注意が必要

土台に細い針金のようなピンがくの字に植えられているブラシ。

抜け毛がしっかり取れるので換毛期におすすめです。

毛が絡まりやすい長毛種向け。

皮膚を傷つけるおそれがあるので短毛種には不向き。

一本一本のピンが細くて固いので力加減は特に注意が必要です。

試しに私の腕を玉無しのスリッカーブラシで軽く撫でてみましたが結構痛かったです。

ピンブラシと同様に、ピン先に丸い玉がついているタイプは肌あたりがやさしいので高齢猫ちゃんやブラッシングが苦手な猫ちゃんが嫌がりにくいのでおすすめです。

⇧目次に戻る

コーム

種類コーム
用途毛玉をほぐす・毛並みを整える
GOODステンレス製で静電気が起こりにくい
BAD抜け毛はあまり取れない

コームは細長い突起が並んだ平らな形をしたブラシで、毛玉をほぐしたりブラッシングの仕上げに使います。

毛が絡まりやすい長毛種は毛玉ほぐしに目の粗いコームが適しています。

短毛種は目の細かいコームをブラッシングの仕上げに使います。

また顔周りの毛並みを整えるのにも使います。

⇧目次に戻る

獣毛ブラシ

種類獣毛ブラシ
用途ツヤ出し・フケを取り除く・仕上げ用
GOOD被毛がツヤツヤになる
BADブラシに絡んだ毛を取り除くのが難しい

獣毛ブラシとは、豚や猪の毛を用いているブラシのこと。

適度な水分・油分を含んでおり、ブラッシングすると毛にツヤと滑らかさが出ます。

抜け毛を取る効果は低いので仕上げのツヤ出しに使うのがオススメ

また静電気を抑える効果があるので、ブラッシングの時にパチパチっとならずしっとりまとまります。

ブラシに絡んだ毛を取るには、専用のブラシクリーナーを使うとキレイに取り除けます。

▼猪毛ブラシ

猪毛ブラシは毛が太く硬い為マッサージ効果が期待できます。

ただし皮膚が弱い猫や高齢猫には刺激が強く痛みを感じることがあるので注意が必要です。

ブラッシングの仕上げにサッと軽いタッチで使うのがポイントです。

長毛種、毛量の多い猫ちゃん、くせ毛の猫ちゃん向き。

▼豚毛ブラシ

豚毛ブラシは毛が柔らかく肌当たりもソフトで、被毛が少ない猫や皮膚の弱い猫に向いています。

皮膚へのダメージが心配な方は豚毛がおすすめです。

⇧目次に戻る

猫用ブラシの人気ランキングをチェック

今売れている猫用ブラシがわかる!

大手ECサイトの猫用ブラシ人気ランキングをチェック。

スポンサーリンク
猫用ブラシ